電子マネー等との違い


ビットコインを説明する上でよく登場する言葉「電子マネー」。

  •  
  •  電子マネーとは、紙幣や硬貨を使わないで、電子的に(=データのやりとりで)決済を実現する手段の事で
  •  オンラインで決済を実行するタイプもあれば、最近主力になりつつある非接触型の決済方法もあります。
  •  すでに皆様の日常生活に浸透し電車に乗るときや、コンビニやスーパーでの支払いに利用されている
  •  多くの方々がいらっしゃるかと思います。小銭を財布から出す手間もかからず、非常に便利です。
  •  現在一般的に利用されている電子マネーは、基本的にはその地域で使われている通貨を使って電子的に決済を行うために存在しています。
  •  日本国内の例であれば、円での支払いをより便利にするために、円の紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーが活躍します。
  •  利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金したり、あるいは電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れておくのが基本。
  •  そして紙幣や硬貨を使わずに、電子的に決済を実現していますが、実態としては円という通貨をやりとりしていることには変わりありません。

ビットコインは、何らかの端末に円をチャージするというものではありません。

  •  
  •  ビットコインも、電子マネーとして同じように使えるのは当然のことなのですが
  •  ビットコインを利用して商品を購入する際には、皆様の手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に両替しなくてはなりません。
  •  
  •  
  •  円をビットコインに両替してはじめて、ビットコインでの支払いが実行できるのです。
  •  両替をしたその後の支払いの流れは、一般的な電子マネーと同様です。
  •  ビットコインでの支払いを受け付けているお店で、電子的にビットコインでの決済を実行します。
  •  すると、自分の所有しているビットコインが減り、お店の所有しているビットコインが増えます。
  •  簡単に言い換えると電子マネーとは、貨幣・紙幣を使わないで決済できるようにする地域限定のしくみのことです。
  •  ビットコインは、円やドルと違って そこに 同意し 共感し 共有した方々が 利用する世界基準の仮想通貨です。
  •  だから仮想通貨=電子マネー ではありません。

ビットコインを使うメリット

  •  
  •  国家や企業が関与していないので、例えば個人間の送金においては、次のようなメリットが存在します。
  •  
  •  1. 個人間で「直接」送金ができる
  •  
  •  一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などを仲介する必要があります。
  •  しかし、ビットコインの場合には、個人間が直接支払うことができます。
  •  ビットコインを使うメリットとして、直接会って財布からお金を出して支払うのと同じように、ビットコインを使えば直接相手にお金を支払うことができるのです。
  •  
  •  2. 手数料が無料か格安
  •  
  •  仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う必要がありません。
  •  これは個人間の少額な支払いにおいては、非常に重要な特徴です。銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、一定の手数料が存在します。
  •  そのため、少額の商品の売買が難しくなったり、ビジネスの利益率が下がったりします。
  •  ビットコインは、その最大のメリットとも言える直接送金のしくみのおかげで、従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。
  •  
  •  3. 監視や制限が存在しない
  •  
  •  ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、煩わしい手続きや制限が存在しません。
  •  お金の流通が、より自由に行えるようになります。
  •  また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるというメリットがあります。
  •  そのためにはもっとビットコインが広まって、ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが
  •  今でも既にビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

ビットコインはどこに保存されているのか?

  •  ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。これは 銀行口座にあたるものです。
  •  ビットコインを利用するすべての人は ウォレット(財布)を持ち、そこにビットコインを保存し、決済に利用します。
  •  つまり、ビットコインを使いたい人は全員、ウォレットを作成する必要があります。
  •  
  •  
  •  
  •  これは利用者個人に割り振られるメールアドレスのようなものです。実際には、長い文字列でウォレット ID が表現されます。
  •  そのままでは覚えにくいため、個人間送金が難しくなります。
  •  そこで、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして 交換します。

ビットコインの課題 !

  •  もちろん、円やドルでの決済がそうであるように、ビットコインでの決済でも、双方がビットコインによる支払いを受け付けている事が必須となります。
  •  ビットコインという通貨が「通じる」間柄でなければ、当然 決済はできません。
  •  円やドルのような国家的通貨と違って まだまだ普及の初期段階にあるビットコインにおいて、これは一つの課題です。
  •  とはいえインターネット世界社会の現在において その速度は従来のものではなく比較的近未来の世界基準共有未来通貨としての確立は近いのではないかと感じています。