ビットコインの仕組み


通貨と違う点は、ビットコインでの支払いは電子的に行う必要があるという事です。

  •  
  •  現物の紙幣や硬貨がない仮想通貨なので、当然の事です。
  •  ビットコインでできる事は、通常の通貨と同じです。
  •  ビットコインを用いれば、個人間、企業間を問わず、物やサービスの対価として支払いを実行できます。
  •  つまり、ビットコインは仮想であるというだけで、通常の通貨と同じように使えるお金の一種だと言えます。
  •  
  •  ビットコインでは電子的に決済を行うため、インターネット経由で送金することが容易にできます。
  •  遠く離れた海外の相手にでも、あるいは目の前にいる人にでも、短時間でビットコインを送金できるのです。
  •  

円やドルとの決定的な違い

  •  円やドルと全く同じような通貨であれば、わざわざ新しい通貨を作る必要性はありません。
  •  ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。
  •  最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」が存在しない、ということです。
  •  ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないのです。
  •  ビットコインは、国家や企業が運営している仮想通貨ではありません。
  •  円やドルと同じような通貨なのに、どこの国も、企業も、ビットコインの発行・流通には関与していないのです。
  •  この非常識な概念が、ビットコインの最大の特徴です。

ビットコインは誰が管理しているの?

  •  国家や企業が管理していない通貨と述べましたが、それでは一体誰がビットコインを発行し、流通を管理しているのでしょうか?
  •  常識的に考えれば、誰も管理していない通貨など、最悪リスクの塊でしかありません。
  •  誰かが勝手に通貨を大量に発行してその通貨の大金持ちになることができてしまえば、通貨の信用は失われます。
  •  そんな不安定な通貨は流通しませんし、また誰も価値を見出しません。
  •  ビットコインは、中央での管理を行わない代わりに、コンピューターのネットワークを利用して通貨を管理する仕組みとなっています。
  •  
  •  つまり新しい通貨の発行や、取引の詳細情報は、そのすべてがコンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みです。
  •  ビットコインで行われたすべての取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳が存在しているとイメージしてください。
  •  この可視化された記録のおかげで、通貨の偽造や二重払いなどを防止することができます。
  •  すべての記録は残りますが、その記録に個人情報は含まれません。
  •  記録はあくまでも、ビットコインの流通の整合性を保証するために存在するのです。
  •  
  •  1つの大きな取引台帳を特定の組織が管理していたら、これまでの通貨と同じです。
  •  ビットコインは、特定の組織の元にではなく、分散されたコンピューターのネットワーク上にその1つの大きな取引台帳を置くことで
  •  中央管理を不要とする仕組みなのです。
  •  
  •  取引の整合性を保証するための1つの大きな取引台帳なのに、そのデータが分散されてて保存されていたら
  •  取引記録に不整合が発生してしまいそうです。
  •  
  •  しかし、ビットコインはこの解決策 ( = P2Pという仕組み ) を生み出し、ブロックチェーンという技術でセキュリティも
  •  強固に守られてることで 今日に至る広がりをみせています。

ビットコインを生み出す採掘(マイニング)?

  •  ビットコインの採掘(マイニング)とはビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記します。
  •  その追記の処理には、ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータと、追記の対象期間に発生した
  •  すべての取引のデータの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。
  •  その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現できるのですが、膨大な計算量が必要となります。
  •  分散されて保存されている1つの大きな取引台帳のデータも、追記対象の取引のデータも
  •  すべてを正確に検証してから追記しなければならないのです。
  •  そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。
  •  余っているコンピューターの計算能力を借りることによって、膨大な計算を行い
  •  みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。
  •  この追記作業の手伝いをしてくれた人、追記作業のために膨大な計算処理をし、結果として追記処理を成功させた人には
  •  その見返りとしてビットコインが支払われます。
  •  
  •  つまり、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるように頑張ってくれたことへの報酬として
  •  ビットコインが支払われるのです。
  •  この報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。
  •  つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こるのです。
  •  
  •  ゲームをしていても ネットで遊んでいてもいいのに、わざわざ膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に
  •  貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が 新規ビットコインの発行なのです。
  •  
  •  ビットコインの創成期には個人PCでマイニングを行うことも可能でしたが...
  •  現在では専用のハードウェア(ASIC機)を何千台も束にしたファーム(工場)と呼ばれる組織でもないとほぼ採掘することは出来ません。
  •  マイニング・ファームは世界で10社程度ですがシェアの90%以上を占めており、多くは電気代・初期投資の安い中国企業となっております。
  •  その総投資額は数千億円とも言われています。
  •  
  •  
  •  採掘者(マイナー)はそのシェア分のブロック生成権を持っていると言えます。
  •  同様にそれはビットコインのプロトコルの変更に対する投票権となり、マイナーを説得できないような勝手な変更は無視され
  •  大きく投資したものがビットコインプロトコルの変更に影響力を与えることができます。
  •  
  •  この新規発行に至る行為を「採掘(マイニング)」と呼びます。
  •  コンピューターの計算能力をお金に変えるビジネスと割りきって、日夜 採掘(マイニング)に励んでいる人たちが世界中に存在します。
  •  そのおかげで、今日もビットコインの安全性が保たれているのです。
  •  
  •  通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われません。
  •  そのため、ビットコインの発展を信じる人達が、次々と採掘活動(=1つの大きな取引台帳の更新作業)に力を注いでいるのです。

採掘(マイニング)で無限に生み出されるのか?

  •  ビットコインの発行総量は、事前に決められています。また、採掘(マイニング)によって発行される量も調整されています。
  •  そのため、一瞬にして発行量が増えてインフレが起こったり、混乱が生じることを避けた設計がなされています。
  •  
  •  ビットコインの発行総量は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされていて、それ以降は新規に発行されることがありません。

歴史と目指す社会

  •  誰がビットコインをつくったのか?
  •  ビットコインは、2008年10月に、中本哲史(Satoshi Nakamoto)と名乗る人物がインターネット上に投稿した論文によって
  •  提唱されました。 それからわずか3カ月後、2009年1月には、ビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され
  •  公開されました。
  •  そしてすぐに、ビットコインの最初の取引が行われています。
  •  開発者や、この時からビットコインを所有している人たちは、膨大な価値を持ったビットコインを所有していると言われています。
  •  
  •  それからおよそ1年後の2010年2月に、ビットコイン両替ができる最初の取引所が誕生しました。
  •  そして同年5月、はじめて現実社会でビットコインを使った決済が行われています。