ロゴ

エンゲルスロゴ
☎03-3389-4184
 JBA保健サポートはこちら

 簡単にLED位相差顕微鏡で確認できる 赤血球、白血球、血小板


 

LED位相差顕微鏡の倍率


×10倍レンズ (900倍に相当)  ×40倍レンズ (3600倍に相当)
解像度 41万画素 モニター出力専用 モノクロ 光源LED
血液画像を動画、静止画で直接、パソコン保存(別途 カメラ必要なし)
ビデオキャプチャー 静止画 動画 保存可  専用JBAデータソフトあり


 

血液画像について


映像見本 (解像度は落として表示)
実際にご覧になれるサイズ(レンズ 倍率 ×40 3600倍 ) 血液ミクロの世界 動画




 

血液採取法


極少量(米粒1/4)の血液を耳たぶ または、指先より 穿刺針を使用して血液採取します。
カバーグラスに定量の血液を付着させスライドガラスに挟んで置き拡散振動機で拡散させます。
そして台の上にスライドガラスを置きLED位相差顕微鏡で観察します。


 

血液画像分析法


JBA手法に基づき分析します。
① 血液粘度/水分補給度 , ② 血液連鎖度 , ③ 赤血球拡散度 , ④ 脂質度(カイロミクロン)
JBA書式(専用ソフト)に従って分析 結果をプリントして提供


 

その他の観察


赤血球、血小板、白血球5種の観察 ( 好中球、好酸球、好塩基球、単球、リンパ球 )医学的観察
産婦人科(精子の観察)  皮膚科(白癬菌の観察)など  その他の用途活用可


 

参考血液画像



 

当サイトからのごあいさつ


JBA血液画像分析は、健康意識を高めます。
JBA分析法に基づいて血液状態を分析
赤血球拡散(いわゆるサラサラ)、連鎖赤血球(いわゆるドロドロ)の血液状態を確認します
血液状態はモニターに映し出されていますので患者様自身も確認することが出来ます。
分析結果に関わらず血液を顕微鏡で見ることで自ら健康に関心を持ち健康意識を高め食生活改善に努めるようになります。
血液画像分析は、JBAの分析データを提供して行っております。
他、位相差顕微鏡を用いて簡易的に確認できる項目があります。
血液画像システム自体は、 病気診断を行うものではありません。


    
ページのトップへ戻る